\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

NFTの始め方|スマホで購入・出品のやり方を初心者向けに解説【2024年最新版】

NFTの始め方 完全版 スマホ 初心者
悩んでる人

NFTを始めるために準備した方が良いことを教えてください。

まったくの初心者なので、わかりやすく教えてほしいです。

今回は上記のようなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • NFTとは
  • NFTの始め方
  • NFTアートの作り方
  • NFTプロジェクトの紹介
  • NFTを始めるならブログも書こう
  • NFTに関する様々な情報
  • NFTを始めるならX(Twitter)も始めるべき
  • NFTを買う資金を集める
  • NFTの始め方まとめ

記事の信頼性

  • NFT保有数200以上
  • NFTへの投資額7桁
  • 投資歴12年(株、FX、仮想通貨、NFT)
  • ブログ歴2年(Cocoon→SWELL)
  • X(Twitter)フォロワー数12,500人

NFTという言葉をよく聞きますが、実際どんなものなのかわかりませんよね?

新しい事を始める時って、わくわくすると同時に不安も出てきます。

ただ、少し学んで理解するととても楽しくなってきますよ。

この記事を読む事により、NFTを始めるための全てのやり方がわかるようになります。

NFTを保有して、仲間とみんなで楽しい未来を見ましょう。

まずは、NFTの始め方の解説をしていきます。

長くなりますので、ブックマークをしてじっくりと読み進めていってください。

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

NFTとは|NFTの基礎知識を身につけよう

NFTの画像

まず、NFTの始め方の解説から始めます。

NFTに関する知識は、ここから始まりますので、じっくりと読んでみてください。

NFTは言葉は知ってるけど、なんだかよくわからないぞって方が多いです。

私も始めたばかりの頃はそうでした。

ここでしっかりと学んで、NFTの魅力を確認してみましょう。

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)とは、ブロックチェーンを基盤にして作成された代替不可能なデジタルデータのことである。

NFTの形は様々で、デジタルアートやデジタルファッション、パスポートや音楽ライブの券、ゲームのアイテムなど、様々なものがNFT化されています。

NFTアイテムの事例
  • デジタルアート
  • トレーディングカード
  • デジタルファッション
  • ゲームアイテム
  • デジタルフォト
  • デジタルミュージック
  • デジタルパスポート
  • デジタルクーポン
  • 仮想空間の土地 など

NFTには、今までのデジタルデータと違う資産的価値があり、「NFTマーケットプレイス」と呼ばれるインターネット上のプラットフォームで活発に取引されているため、NFTを売ってお金を稼ぐことも可能だ。

中には、かなりの高額で取引され、2021年3月には世界的に有名なオークションハウス、クリスティーズのオンラインオークションで、デジタルアーティストであるBeeple氏のNFTアートが約6,935万ドル(約75億円)で落札されて大きな話題を呼びました。

⇧目次に戻る

NFTの特徴と仕組み

続いて、NFTの特徴と仕組みを解説していきます。

NFTは、下記のような特徴があります。

NFTの主な特徴
  • 代替不可能性(唯一無二性)がある
  • 所有者などの記録の改ざんが困難である
  • プログラマビリティがある

代替不可能性(唯一無二性)がある

NFTと同じ、ブロックチェーンを基盤にしたデジタルデータには仮想通貨(暗号資産)がありますが、仮想通貨の場合、ビットコインならどのビットコインでも価値が変わらないように、同じ仮想通貨なら代替が可能になります。

しかし、NFTの場合は、見た目はまったく同じデジタルアートでも、ブロックチェーンに記録されている情報で作品ごとに価値が決まります。

見た目は同じアート作品でも、それぞれ代替不可能となります。

見た目が同じ作品に、シリアルナンバー(エディションナンバー)が入っており、それぞれ区別されていると考えてください。

世界に一つだけの作品ということです。

また、NFTはオリジナルと同じものをコピーできないという特徴もあります。

今までのデジタルデータでは、コピーとオリジナルの判別がつきませんでした。

NFTでは、スマホなどでスクリーンショットを撮り、写真として見ることはできますが、ブロックチェーン上には情報が存在せず、オリジナルの作品と区別することが可能です。

このような仕組みがNFTの大きな特徴となり、NFTアートの価値を保っていることになります。

所有者などの記録の改ざんが困難である

NFTはブロックチェーン上に情報があり、そこに作成者、所有者などが載っています。

ブロックチェーンは、そのデータを複数の場所に分散して管理するため、分散型台帳とも呼ばれます。

ブロックチェーン上で詐欺や改ざんを行おうとしても、中央集結的なデータ管理ではないため、複数のデータを攻撃しなければならず、事実上詐欺や改ざんを行うことは不可能です。

また、ブロックチェーンのデータは複数のノード(ブロックチェーンを構築するためのコンピュータ端末のこと)により合意しなくてはならないため、1つの端末が合意したとしても、他の端末で合意しなければならず、実際に改ざんを行うことは不可能です。

このようなブロックチェーンの技術から、NFTは安全な安全に管理されています。

プログラマビリティがある

プログラマビリティとは、NFTにさまざまな情報や機能を追加できることを指します。

NFTの二次販売で所有者が変わったとしても、新しい所有者が追加で記録されます。

他に、NFTクリエイターへのロイヤリティを設定しておけば、NFTが販売される度にクリエイターへロイヤリティが支払われます。

これは、今までのアートでは無かったもので、NFTの素晴らしい技術の一つです。

NFTを購入するためには、その元手となる仮想通貨を購入する必要がある。

国内有名取引所のコインチェックなら、500円という少額から仮想通貨を購入することができるので初心者の方でも手軽に始めることができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックも確認してみてください。

⇧目次に戻る

NFTでの稼ぎ方

NFTの画像

ここからは、NFTを利用して稼ぐ方法を解説します。

NFTで稼いでみたい方は、ぜひとも参考にしてください。

NFTの売買で稼ぐ

NFTで稼ぐ方法として挙げらるのが、「NFTの売買で稼ぐ」方法です。

あなたが購入したNFTの取引価格が上昇すれば、売買差益により利益を上げることができます。

盛り上がっているNFTプロジェクトはどこか?

今後盛り上がりそうなプロジェクトは何か?

などを意識して、常日頃からNFTへのアンテナを張っておくことが重要です。

逆に、購入したNFTのプロジェクトが思ったよりも盛り上がらず、価格が下落してしまうというリスクもあります。

自分でNFTを発行して稼ぐ

次に自分でNFTを発行して稼ぐ方法を解説します。

最もポピュラーな方法だと、自分で描いたアートをNFT化したり、写真をNFT化したり、などの方法があります。

あなたのアートや、写真のNFTを買いたいと思われる人が増えれば、あなたの発行したNFTの価値は上がっていくだろう。

ただし、NFTを発行するためには、ある程度の知識が必要となりますので、この記事で勉強しましょう。

⇧目次に戻る

NFTの活用事例

続いて、NFTアート、NFTゲーム、NFT不動産の3つのジャンルについて解説していきます。

NFTの活用事例を知りたい方は、こちらを確認してみてください。

NFTアート

NFTといえば、NFTアートというぐらい有名なものです。

これは、アートをNFT化したものです。

デジタルアートは昔から存在したが、コピーされると本物とコピー品の区別がつかない状態であったため、マネタイズの方法が限られていた。

しかし、NFT化されることにより、本物と偽物の区別がつき、唯一無二のものとして存在するため、アナログのアートと同じように売買されています。

特に、コレクション性のあるNFTアート(コレクタブルNFTとも呼ばれる)は、高値で取引される傾向があります。

NFTアート(コレクタブルNFT)の一例
  • CryptoPunks
  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)
  • CLONE X

NFTゲーム

NFTゲームとは、ブロックチェーンを基盤としてキャラクターやアイテムにNFTが用いられているゲームのことで、ブロックチェーンゲーム(BCG)とも呼ばれている。

ここでは、次の3つの代表的なNFTゲームを紹介します。

NFTゲーム(BCG)の一例
  • Axie Infinity
  • The Sandbox
  • STEPN

※海外NFTゲームは国内法に準拠していない場合がありますので、ゲーム内での一部の操作が国内法に違反する可能性もあります。海外NFTゲームには十分に注意してください。

Axie Infinity

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、独自チェーンのRoninを基盤としたNFTゲームで、ベトナムのブロックチェーン企業SkyMavis社が開発・運営を手がけている。

ゲームの内容は、「Axie(アクシー)」と呼ばれるモンスターのNFTを収集・育成して、他のプレイヤーやNPCと対戦するというものだ。

ゲームをプレイする中でAxie Infinity Shards (AXS)とSmooth Love Potion(SLP)という2種類のトークンを入手することができる。

その仮想通貨は、仮想通貨取引所を用いて日本円に換えられる。

またAxieなどのNFTは、ゲーム内のNFTマーケットプレイスや、OpenSeaなどの外部のプラットフォームにおいて、活発に二次売買がなされている。

The Sandbox

The Sandboxは、メタバース(三次元の仮想空間のこと)を舞台にしたサンドボックスゲームです。

サンドボックスゲームは、ストーリーの設定がなく、与えられた空間でプレイヤーそれぞれが自由に活動することができる。

同じようなゲームではMine Craftやどうぶつの森があります。

The Sandboxは、広大なメタバースの中で、自作のアイテムを使ったり、建物を建築したりと、自由な遊び方ができるようになっている。

ゲーム内のユーティリティトークンはSAND(SAND)で、NFTを購入する際の決済手段などに用いられる。

なお、NFTゲームのトークンは国内市場での取り扱いがないものが大半だが、SANDなら国内取引所bitbankなどで購入が可能だ。

bitbank(ビットバンク)

STEPN

STEPN(ステップン)は、ランニングやウォーキングをすることにより仮想通貨(GST、GMT、SOL)を稼ぐことができるNFTゲームです。

STEPNのように、歩いたり、運動することで稼げるNFTゲームを「Move to Earn(M2E)」という。

STEPNでは、スニーカーのNFTを保有した状態でランニングなどをすると、Green Satoshi Token(GST)とGreen Metaverse Token(GMT)を獲得できる。

なお収益効率は、日々の運動量だけでなく、スニーカーNFTの種類やレベル、レアリティなどによっても変動する。


不動産
NFT

ブロックチェーン技術で唯一無二性であり、なおかつ改ざんも防げるNFTは、不動産ビジネスとの親和性が高い。

ここではその活用事例を3つ紹介していきます。

不動産で用いられたNFTの一例
  • Propy
  • マーチャントバンカーズ:山中湖山荘
  • Not a Hotel

Propy

Propyは、イーサリアムチェーンを基盤としたグローバルな不動産取引用プラットフォームで、アメリカの不動産テック企業Propy社が開発しました。

既存のグローバルな不動産取引では、買い手側に、ブローカーやエスクローサービス、土地登記サービスなど複数の仲介業者とのやり取りが求められます。

そこでやり取りする中で、手続きの遅延やミスが発生するケースがあります。

このような問題を解決するために、Propyが開発され、不動産の所有権をNFT化し、必要な取引をスマートコントラクトによって執行できる仕組みを作りました。

先ほども解説したように、不動産の取引もNFTのブロックチェーン技術により安全に管理されます。

マーチャントバンカーズ:山中湖山荘

マーチャントバンカーズ株式会社は、不動産売買や不動産投資などを手がけている日本企業である。

ブロックチェーン技術の活用にも積極的で、2021年から株式会社世界と提携して、不動産NFTに関連した取り組みを進めています。

Not a Hotel

Not a HotelはNFTを用いたメンバーシップサービスである。

Not a HotelのメンバーシップNFTを保有すると、実際に物件(ハウス)を購入することなく、Not a Hotelの物件に宿泊することができる。

2022年の夏からNFTを用いたメンバーシップサービスを展開しているが、現在も人気が急上昇している革新的サービスです。

このように、NFTを活用した事例が増えてきています。

実際、2025年の大阪万博でもNFTを活用した取組があるようです。

⇧目次に戻る

NFTの始め方

NFTの画像

続いて、NFTの始め方の解説をします。

順番に見ていくと簡単に始められます。

仮想通貨取引所の開設をしよう

NFTを始める前に、まず仮想通貨取引所の開設をします。

これは、NFTを買うために仮想通貨のイーサリアムが必要となるからです。

仮想通貨取引所のおすすめを載せていますので、こちらをご覧ください。

MetaMaskを作ろう

続いて、NFTを買う際に必要になる、仮想通貨イーサリアムを入れるMetaMask(ウォレット)を作ります。

NFTの世界では、このMetaMask(ウォレット)がないとNFTを買うことができませんので、作るのは必須となります。

簡単に作れますので、以下の記事から作っておいてください。

OpenSeaとMetaMaskを連携しよう

MetaMaskを作った後は、NFTのマーケットプレイス(お店)である、OpenSeaのアカウントを作り、MetaMaskと連携させます。

OpenSeaとMetaMaskを連携させる事で、初めてNFTを買う準備が整います。

準備は最後ですので、しっかりと確認しておきましょう。

NFTを買ってみよう

OpenSeaとMetaMaskの連携が終わったら、実際にNFTを買ってみよう。

OpenSeaから好きなNFTを選び、購入ボタンを押し、NFTを買ってみましょう。

ここまでできたら、そのNFTはあなたのものとなります。

OpenSeaに入っているNFTを眺めるなり、価値が上がった所で売ってしまうなり、自分の好きなように取引をしましょう。

次は、自分でNFTアートを作り、OpenSeaで販売する方法を解説します。

⇧目次に戻る

NFTアートの作り方|自分で作ってみる

自分でNFTアートを作りたい人も多いと思います。

ここでは、NFTアートの作り方の解説をしていきます。

NFTアートとは

NFT アートとは、NFTの技術を活用することで、「唯一無二」の価値をもったデジタルアートです。

デジタルアートは、「PCやタブレットなどを用いて作成されたアート」のことで、デジタルイラストや 3D モデリング、ゲームや音楽など幅広いジャンルがあります。

NFTアートの作り方

NFTアートの作り方は初心者でもできます。

やり方を覚えれば、今日からでもNFTアーティストになれますよ。

⇧目次に戻る

NFTを始める際の注意点・リスク

これまでにNFTの特徴や稼ぎ方、始め方を解説してきた。

ここからはNFTの注意点について解説していきます。

NFTの注意点は主に下記の3つです。

NFTの注意点とリスク
  • 仮想通貨の知識が求められる
  • 価格変動による損失の恐れがある
  • 詐欺プロジェクトに巻き込まれる可能性がある

それでは順番に解説していきます。

仮想通貨の知識が求められる

NFTを始めるためには、ある程度の仮想通貨の知識が必要です。

なぜなら、NFTを購入するためのNFTマーケットプレイスであるOpenSeaなどを利用するときは、仮想通貨専用の財布であるMetaMaskなどを作成し、必要な仮想通貨を送金することが必要となるからです。

その際に、「どの仮想通貨を」「どのブロックチェーンで」「どれくらい送金するのか」などといったことを確認しなければなりません。

例えば、同じETH(イーサリアム)という仮想通貨でも、イーサリアムチェーンやポリゴンチェーン、アービトラムチェーンなど様々なブロックチェーンに対応している。

送付先がそのチェーンに対応していないと、あなたの資産が失われてしまう可能性もあります。

また、NFTには「ガス代」という手数料があり、そのあたりもしっかりと意識していきましょう。

価格変動による損失の恐れがある

NFTはあくまでも、投資対象やコレクションの一部です。

「価値」を持つ以上、価格変動がどうしてもつきものである。

つまり、通常の投資などと同じように、価格が上下があります。

購入したNFTの価格が上がったら嬉しいし、逆に購入したNFTの価格が下がってしまったら非常に悲しいです。

盛り上がっていたのに、購入して数日で価値がほぼなくなるといこともあるので、購入するタイミングは大切です。

特に、「今、とても盛り上がっているから、購入してみよう」という考え方は危険になることが多いので意識してください。

詐欺プロジェクトに巻き込まれる可能性もある

最後に「詐欺プロジェクトに巻き込まれる可能性もある」ということだ。

仮想通貨、NFTの世界にはまだまだ「詐欺プロジェクト」と呼ばれるプロジェクトが多く存在している。

例えば、NFTを売りつけて資金を集めた後、TwitterやDiscordのアカウントなどを全て削除し、運営が資金を持ち逃げしてしまうという「ラグプル」。

他には、詐欺プロジェクトのサイト(スキャムサイト)にあなたのウォレットを接続してしまったら、あなたの仮想通貨が全て盗まれてしまう、といった事例が多く存在する。

このように、NFT投資には危険がたくさんあるので、十分に注意して楽しんでいきましょう。

⇧目次に戻る

NFTプロジェクトの紹介

続いて、国内の人気NFTプロジェクトを紹介していきます。

誰でもが知ってるようなNFTプロジェクトから、これから期待されるNFTプロジェクトを紹介していきます。

MetaSamurai

MetaSamuraiは、1SECという会社が作っているNFTプロジェクトです。

犬をモチーフにしている可愛いNFTアートです。

MetaSamuraiは下記の記事をご覧ください。

香りNFT

香りNFTは、香りという現実のものを、NFTとして実現しようというコンセプトで始まったプロジェクトです。

香りNFTについては、下記の記事で解説しています。

⇧目次に戻る

NFTをやるならブログも一緒に書こう

NFTを始めるならブログも一緒にやるべきです。

なぜなら、NFTはブログと相性が良く、メリットが大きいからです。

NFTブログの作り方

ブログを書くなら、NFTブログをおすすめします。

なぜなら、まだまだNFTの情報を発信してる人は少ないですし、仮想通貨取引所やNFTの売買など、自分が体験したことを書きやすいからです。

自分が仮想通貨取引所の口座開設をした経験したことをブログにすると、読者から見ても説得力があり、リピートされ収益にもつながりやすくなります。

また、ブログのアフィリエイト収益が出たら、その収益でNFTや仮想通貨を買う事もできます。

詳しくは下記の記事で解説しています。

ブログの作り方

NFTブログができたら、次は自分の得意なジャンルのブログを書いてみましょう。

NFTブログで培ってきた力を基に書くとスムーズに作れます。

ブログ自体は、ワードプレスで10分もあれば作れますし、今はサーバーのキャンペーンをしているところも多いので、始めるにはかなりおすすめの時期です。

ブログの詳しい始め方は、下記の記事をご覧ください。

⇧目次に戻る

NFTに関する様々な情報

NFTを始めた後に気になったことや、自分の経験したことをまとめました。

気になるものを確認してみてください。

楽天NFT

海外のNFTマーケットプレイスは、OpenSeaが有名ですが、国内のマーケットプレイスもいくつかあります。

その中で、有名な楽天NFTについて解説しましたので、下記の記事をご覧ください。

NFTの用語集

NFTに関する用語で、わからないことがありましたら下記の記事をご覧ください。

私が所有しているNFT

私が保有しているNFTアートを紹介していきます。

優良NFTプロジェクトの見極め方

数多くあるNFTプロジェクトの中で、優良なNFTプロジェクトの見極め方を解説します。

NFTは投資としてありなのか

NFTは怪しいという声をよく聞きますが、実際NFTは投資としてありなのでしょうか?

その点を考えていきたいと思います。

新規NFTプロジェクトのALのもらい方

ほしいNFTプロジェクトや、気になるNFTプロジェクトを早期購入するためには、優先購入券であるAL(Allow list)が必要です。

そのALをもらうためには様々な条件があります。

その際のもらい方などを下記の記事で解説していますのでご覧ください。

NFTをGiveawayでもらう方法

NFTやALをタダでもらう方法として、Giveawayという方法があります。

これは、SNS上でNFTプロジェクトが、NFTやALを配ることです。

何名様に商品を配りますよということと同じです。

NFTのSNS疲れについて

NFTを触っていると、X(Twitter)やDiscordといったSNSをやりすぎて疲れてしまうことがあります。

そんな時はどうしたらいいだろうということを下記の記事で解説しています。

NFTの保有数はどのぐらいがベストか

NFTは買おうと思えばいくらでも買えてしまいます。

ただ、持って満足すればそれで良いのですが、売って売却益を得たいという方もいます。

そんな時に、あまりにも多く保有していると、全て売るまでに時間がかかったり、確認するのに時間がかかってしまいます。

そこで、どのぐらいの保有数が良いのかを考えてみたいと思います。

下記の記事をご覧ください。

⇧目次に戻る

NFTをやるならX(Twitter)もやるべき

NFTを始めるならX(Twitter)は絶対にやるべきです。

なぜなら、NFTのスピードは早く、情報がすぐに変わってしまいます。

そうした情報をしっかりとキャッチする為にはX( Twitter)からの情報が必要です。

また、1人でNFTをやってると飽きてしまうので、知り合いを作り、情報共有をしたほうが良いです。

X(Twitter)でも収益化ができますし、NFTの活動資金を作るためにも、Xの収益化を学んでみましょう。

⇧目次に戻る

NFTを買う資金集め

NFTの画像

NFTを始めるためには資金(仮想通貨のイーサリアム)が必要です。

貯金から出してもいいのですが、できればお得にNFTを買いたいですよね。

そんな方は、こちらのお得情報をご覧ください。

無料登録をするだけで、1,000円や2,000円をAmazonギフト券や仮想通貨でもらえます。

これは1人分ですが、ご家族みんなで登録すれば、一つのサイトだけでも5,000円以上にはなります。

意外とやってる方は少ないので、見かけたときにすぐ登録しておいたほうがよいです。

このようなサイトは期限があるものが多いので、10分ぐらいでササっと作ってしまいましょう。

》DMM FXで最大300,000円もらう

》利回り不動産で2,000円もらう

》ウィブル証券で最大112,000円もらう

⇧目次に戻る

NFTに関するよくある質問

最後に、NFTに関してよくある質問を2つ紹介しておく。

NFTを始めるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずはNFTを始める目的を確認しましょう。

新規プロジェクトのNFTを狙うのか、二次売買をメインに取り組むのか、それとも自ら発行して販売するのか。

それらによって始め方・やり方が異なってきます。

どちらの道を選ぶかによって、NFTマーケットプレイスの選択肢も変わり、特に後者は選択肢がかなり絞られます。

どれを選ぶにしろ、まずはNFTの知識を身につけ、楽しむことが一番です。

私のブログで情報を発信していきすので確認してください。

NFTで稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

NFTで稼ぐには、新規プロジェクトのNFTをリリース時に購入し、値上がり後すぐに売却する。

二次売買で購入し利益を狙う。

自分でNFTを発行し販売する。

などの方法があります。

⇧目次に戻る

NFTの始め方まとめ

以上、NFTの始め方の解説をしました。

NFTは始めると楽しいですし、コレクター魂に火がつきます。

それに伴い、NFTの価値が上がると、差益で儲けることもできます。

これから、NFTは技術的にも認知的にも上昇していきます。

乗り遅れる前に始めておくといいですね。

わからなくなったら、またこの記事を読みにきてください。

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

⇧目次に戻る

NFTの始め方 完全版 スマホ 初心者

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次