\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

OpenSea(オープンシー)始め方!初心者でもNFTの買い方・売り方がわかります【スマホ】

悩んでる人

OpenSea(オープンシー)の使い方を教えてください。

NFTの買い方や売り方も知りたいです。

今回は上記のようなお悩みを解決します。

NFTに興味を持ったけど、どのように購入するかわからないですよね?

この記事では、OpenSeaの始め方や買い方の解説をしていきます。

大人気のNFTを始めたい方は、NFTをスマホで始める方法をご覧ください。

この記事の内容
  • OpenSea(オープンシー)とは
  • OpenSeaの始め方・登録方法
  • OpenSeaの買い方・売り方

記事の信頼性

  • NFT保有数200以上
  • NFTへの投資額7桁
  • 投資歴12年(株、FX、仮想通貨、NFT)
  • ブログ歴2年(Cocoon→SWELL)
  • X(Twitter)フォロワー数12,500人

この記事を見た後には、OpenSeaの使い方がわかり、一人でNFTを買うことができます。

OpenSeaを使えるようになると、NFTの売買もできるので、NFTに関する楽しみも増えます。

順番に一つずつ確認してください。

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

OpenSeaとは何だろう

OpenSeaの画像

OpenSea(オープンシー)とは、2017年12月にサービスが開始された世界最大のNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaは、その中で世界最大の取引規模を誇りNFTの市場をけん引しています。

流行のNFTをチェックしたいなら、OpenSeaの使い方を覚えるのが一番の近道です。

OpenSea(オープンシー)とは、NFTの購入・出品・転売(二次流通)ができるNFTのプラットフォームです。

取り扱うNFTも、デジタルアートやゲームアセットなど多種多様であり、ユーザーは仮想通貨ウォレットを接続するだけで、それらのNFTの作成や売買をする事が可能です。

また、複数のブロックチェーンに対応していることも魅力の1つで、2022年8月時点ではイーサリアム、Klaytn、Polygon、SolanaベースのNFTに対応している。

名称OpenSea(オープンシー)
サービス開始2017年12月
取り扱っているNFTの数8,000万点以上
取扱タイトルBAYC
・AZUKI
MAYC
CryptoPunks
Doodles など
決済通貨ETH、SOL、AVAX、USDC、BNB、DAI など
販売手数料販売価格の2.5%
運営会社Ozone Networks, Inc(ニューヨーク)
CEO(最高経営責任者)Devin Finze
公式サイトhttps://opensea.io/

(※)表内の情報は2023年7月時点のものです。

OpenSeaの他にNFTはどこで買えるの?

OpenSeaは、海外のマーケットプレイスですが、他にどのようなマーケットプレイスがあるのか見てみましょう。

海外NFTマーケットプレイス
  • OpenSea
  • Rarible
  • SuperRare
  • Nifty Gateway
国内NFTマーケットプレイス

海外、国内たくさんのマーケットプレイスがありますが、基本的には海外マーケットプレイスのOpenSeaを使う事になります。

それぞれメリット、デメリットがありますので、取引する目的に分けて使うと良いですね。

続いて、OpenSeaを始める前に必要なものを解説します。

OpenSeaでNFTを買う際に必要なもの

OpenSeaでNFTを買う際に必要なものは以下の2つです。

  • MetaMask(メタマスク)
  • 仮想通貨取引所

MetaMask(仮想通貨ウォレット)

これはメタマスクなどの仮想通貨ウォレットが必要になります。

MetaMaskについては下記の記事をご覧ください。

》MetaMaskの作り方、使い方

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は、OpenSeaでNFTを購入する際に必要なETH(イーサリアム)を購入するために必要です。

以下の4つの仮想通貨取引所がおすすめです。

仮想通貨取引所の開設方法は、下記の記事をご覧ください。

》コインチェック(Coincheck)の始め方

》DMM Bitcoinの始め方

》GMOコインの始め方

》BITPOINTの始め方

OpenSeaの始め方・登録方法

ここから、OpenSeaの始め方・登録方法を解説します。

以下の流れで作業を行うとスムーズです。

STEP1:Coincheckで仮想通貨取引所の口座開設をする

  1. コインチェックで無料口座開設をする
  2. 日本円を入金する
  3. イーサリアム(ETH)を購入する
  4. イーサリアムをMetaMaskに送金する
  5. OpenSea(オープンシー)に登録する

それぞれ詳しく解説します。

コインチェックで無料口座開設をする

OpenSeaでNFTの売買を行うには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要です。

国内最大級の仮想通貨アプリ コインチェックなら、初心者でもイーサリアムを簡単に購入できます。

まず、コインチェック公式サイトの「会員登録」から、無料口座開設を行います。

本人確認があるので、運転免許証・個人番号カード・パスポートのいずれか1つを準備しておきましょう。

》コインチェック(Coincheck)の始め方

コインチェックに日本円を入金する

仮想通貨を購入するために、コインチェックに日本円を入金しましょう。

入金方法は以下の通りです。

  • 銀行振込
  • クイック入金
  • コンビニ入金

自分のお好きな入金方法を選べるのは嬉しいポイントです。

コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入する

入金が完了したら、イーサリアムの購入に進みます。

  1. コインチェック内の「仮想通貨販売所」をタップ
  2. イーサリアム(ETH)の「買う」をタップし、購入金額を入力
  3. 入力内容を確認する。

以上でイーサリアムの購入は完了です。

アプリからイーサリアムを簡単に買えるのは便利ですね。

コインチェックからMetaMaskに送金する

MetaMaskとは、イーサリアム系の仮想通貨を保管できるウォレットアプリで、デジタル上のお財布のようなものです。

NFTの入庫・出庫にはMetaMaskが必要になるため、インストールしておきましょう。

ブラウザ版とアプリ版が用意されており、どちらも無料で簡単に利用できます。

アカウント作成でパスワードを登録する際は、他のサイトで利用しているパスワードの使い回しは避けましょう。

財布の鍵となる大切なパスワードとなるため、無くしたり他人に知られたりしないよう注意してください。

MetaMaskの準備が終わったら、コインチェックから送金しましょう。

送金先アドレスが正しいかどうかをよく確認し、イーサリアムを送金してください。

送金先を間違うと、イーサリアムを失う可能性もあるので、何回もしっかりチェックしよう。

》コインチェックからMetaMaskに送金する方法

OpenSea(オープンシー)に登録する

MetaMaskへの送金が完了したら、OpenSeaの登録を行いましょう。

登録方法の流れは以下の通りです。

  1. OpenSea公式サイトにアクセス
  2. 作成」をクリックしてアカウントを作成
  3. My Account Settings」を選択
  4. Sign In」をクリックし、MetaMaskアカウントを接続
  5. 署名の要求」画面に移動後、「署名」をクリック
  6. ユーザー名とメールアドレスを登録・認証

OpenSeaとMetaMaskの紐づけが完了すれば、いよいよNFTの売買が始められます。

OpenSeaでのNFTの買い方

では、実際にNFTを購入してみましょう。

まずOpenSeaのアプリを開きます。

と、言いたいのですが、OpenSeaのアプリからは直接買う事ができません

先ほど作ったMetaMask(メタマスク)からOpenSeaに入り購入します。

MetaMask(メタマスク)アプリを開きます。

右下の「ブラウザ」をタップします。

MetaMask

検索に『opensea.io』と入力します。

するとOpenSeaのトップページが開きます。

OpenSea

OpenSeaの検索でお好みのNFTを検索します。

今回は『MetaSamurai』を検索してみます。

すると、このようなMetaSamuraiの画面になります。

OpenSea

お好みのNFTを探して『Buy now』を押します。

OpenSea
OpenSea

すると、このような確認画面になり、NFTの代金、ガス代を確認し、大丈夫であれば『確認』を押します。

OpenSea

おめでとうございます。

これでこのNFTがあなたのものになりました。

OpenSea

しばらく経ってからOpenSea上で見れるようになるはずです。

続いて、NFTの出品方法を見ていきましょう。

OpenSea(オープンシー)でのNFTの出品方法

ここから、OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。

出品の流れは以下の通りです。

  1. トップページから「作成」を選択する
  2. 出品・販売するNFTを選ぶ
  3. 出品・販売するNFTの価格などの条件を設定する

それぞれ順番に解説します。

OpenSea(オープンシー)のトップページから「作成」を選択する

まず、NFTの作成を行います。

OpenSeaのトップページから「作成(Create)」を選択し、NFTを作りましょう。

Create new item」のページに移動したら、作品情報を入力します。

作品名・外部リンク・取引通貨などの項目を記入して「Create」をクリックすれば、NFTの作成は完了です。

NFTの作成や出品は無料です。

ただし、初回はガス代(手数料)が発生することを覚えておきましょう。

出品・販売するNFTを選ぶ

出品・販売したいNFTを選ぶ作業に移ります。

画面右上のアイコンから「My Profile」をクリックしましょう。

保有しているNFTの一覧が表示されたら、出品したいNFTをクリックし、「売る」を選択してください。

出品・販売するNFTの価格などの条件を設定する

続いて、NFTの出品方法を選択します。

  • Set Price:決められた価格で販売する
  • Highest Bid:期間を設定して行うオークション販売
  • Include ending price:ダッチオークション(高値から開始して徐々に安くなり、最初の入札者が購入する)
  • Privacy:任意の1名に販売する

Highest Bid(オークション形式)を選択した場合は、以下の情報を入力しましょう。

  • Minimum Bid:始値
  • Reserve price:最低落札価格
  • Expiration Date:入札期間

入力後、「Post your listing」をクリックすれば、出品・販売の手続きは完了です。

OpenSeaの開設方法と使い方のまとめ

今回はOpenSeaについてまとめました。

この記事の内容
  • OpenSea(オープンシー)とは
  • OpenSeaの始め方・登録方法
  • OpenSeaの買い方・売り方

意外と難しいと思っていたけど、始めてみるとスムーズに進めます。

MetaMaskでウォレットを準備し、仮想通貨取引所でETH(イーサリアム)を準備して、OpenSeaでNFTを購入し、楽しんでいきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (13件)

目次