\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

NFTとは?仕組みや使い方、始め方、買い方を教えます【初心者向け】

悩んでる人

NFTって最近よく聞くんだけど何のことですか。

NFTで何ができるの?

今回は上記のようなお悩みを解決します。

NFTと一言で言っても幅が広くて難しいですよね。

ただ、NFTの基礎がわかれば色々わかってきます。

大人気のNFTを始めたい方は、NFTをスマホで始める方法をご覧ください。

この記事の内容
  • NFTとは
  • NFTの歴史
  • NFTの購入はどこでできるのか
  • NFT初心者の仮想通貨取引所の開設
  • NFTの今後
  • まとめ

記事の信頼性

  • NFT保有数200以上
  • NFTへの投資額7桁
  • 投資歴12年(株、FX、仮想通貨、NFT)
  • ブログ歴2年(Cocoon→SWELL)
  • X(Twitter)フォロワー数12,500人

最近ニュースやネットで、NFTという言葉をよく聞きます。

皆さんはNFTという言葉や意味、何に使えるのかを知っていますか?

難しい言葉がたくさん出てくるので敬遠してしまいますが、今後Web3.0の中心になりますし、この機会にNFTとはなんだろう?という事を一緒に学んでいきましょう。

現在、様々な業界や会社、個人クリエイターなどがNFTに注目しています。

老舗の旅館や、老舗の和菓子屋さんなど、一見NFTとは関係なさそうな方々も、NFTに注目し参入してきています。

アイドルや歌手のライブ等でよく見る転売行為。

これらは、NFTを使うことにより防ぐことが可能になります。

そんなNFTですが、今から始めて他の人より先取りしましょう。

では順番に説明していきます。

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

NFTとは

NFTの画像

NFTは非代替性トークンと呼ばれます。

非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)とは、ブロックチェーン上に記録される代替不可能なデータ単位である。

  • 他のものと置き換えられないこと
  • 唯一無二のかけがえのない存在であること
  • 交換不可能性。単独性

NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけられる。

代替可能性がないという点で、NFTはビットコインなどの仮想通貨とは異なる。

改ざんが不可能なので、その物をその人が持っているという証明になります。

NFTの歴史

NFTの歴史は、2017年にイーサリアムブロックチェーン上で誕生した「CryptoKitties」というゲームに端を発する。

急速に注目を浴びだしたのは2021年に入ってからです。

2021年3月には、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏の出品した同氏の初ツイートが約3億円で落札

テスラのイーロン・マスク氏が出品した音楽作品には1億円の価格がついた。

また日本人のVRアーティストせきぐちあいみ氏が出品した作品が約1,300万円で落札されるなど話題に事欠かない。

NFTの代表的な取引サービスとして知られる「OpenSea」。

2021年1月に約8億円だった月次取引高は、翌月2月には約100億円と急速に成長した。

従来は不可能であったデジタルデータの資産価値が、売買市場が形成された事とNFTによる非代替性からアート界隈で注目された。

短期間での伸びが凄いですね。

今まで価値はあってもやりとりのできなかったものがNFTという技術でできるようになったのは素晴らしい事です。

NFTの購入はどこでできるのか

OpenSeaの画像

NFTはどこで購入できるのでしょうか。

海外のNFTマーケットプレイス

  • OpenSea
  • Blur
  • X2Y2

国内のNFTマーケットプレイス

  • LINE NFT
  • CoinCheck

他にもたくさんのNFTマーケットプレイスがありますがまずは有名な所で取引をしていくといいですね。

詳しくは『OpenSeaの開設方法と使い方』で解説しています。

NFT初心者の仮想通貨取引所の開設

NFT初心者におすすめの仮想通貨取引所を書いていきます。

NFTの売買を行うには仮想通貨のETH(イーサリアム)が必要となります。

初心者やこれから始める方は以下の3つの取引所を参考にして開設してみてください。

どの口座も無料ですぐに作れますのでおすすめです。

 NFTの今後や将来性

まだまだ注目されたばかりのNFTですが、今後デジタルファッションや、メタバースなど仮想世界にも飛び込んでいきます。

日本人のNFT参加人数が約20,000人と言われている今がNFT市場への参入のチャンスかもしれませんね。

参加人数が少ないということは、NFTが爆発的に普及した時に、今参加されてる方は爆発的な先行者利益が得られます。

タイミングを逃さないようにしましょう。

NFT市場はさらなる成長が見込める

NFTは、2021年をピークに現在は落ち着いてきてはいますが、今後技術が発達し各プロジェクトのコミュニティの力が強くなった時に、またバブルを迎えると思っています。

日本のNFT人口が20,000人と言われている中、まだまだ成長の見込みがありますね。

日本や海外の大手企業や有名人も参入している

NFT業界には、日本や海外の大手企業や有名人が参加しています。

誰もが知るスターバックスやAmazon、国内ではスクエアエニックス等が、NFT業界に参加し始めています。

今後、NFTが身近になった時には、さらに大手企業や有名人の参加が見込めるでしょう。

NFTの活用方法が拡大している

NFTは、ゲームや音楽だけではなく、その他の分野にも活用方法を広げています。

一例として、NFTを保有する事により、イベントに参加できるパスポート的な役割や、商品購入時の割引を受けられるサービス、その他のNFTをエアドロップできる権利、ポイントと様々な物を交換できるサービスなともあります。

そんなNFTを、今から触っておくのはとても良いと思います。

NFTとはのまとめ

言葉だけを見ると難しいと思うかもしれませんが、いざ飛び込んでみると意外と簡単に馴染んであれも欲しい、これも欲しいとなります。

今から始めて知識を付けておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

目次