\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

MetaMask(メタマスク)秘密鍵とシークレットリカバリーフレーズ|インポートできない?【シードフレーズ】

MetaMask(メタマスク)
悩んでる人

MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズとはなんのことですか?

難しい単語ばかりなので簡単に教えてください。

今回は上記のようなお悩みを解決していきます。

MetaMask(メタマスク)を作った後に気になる事や知らない言葉が出てきます。

皆さんはMetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)と秘密鍵(プライベートキー)の事を知っていますか?

私もNFTを始めた頃全くわかりませんでしたが、ネットでたくさん調べて理解する事ができました。

大人気のNFTを始めたい方は、NFTをスマホで始める方法をご覧ください。

この記事の内容
  • MetaMaskとは
  • MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズについて
  • MetaMaskの秘密鍵とシークレットリカバリーフレーズの違いについて
  • MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズと秘密鍵についてのまとめ

記事の信頼性

  • NFT保有数200以上
  • NFTへの投資額7桁
  • 投資歴12年(株、FX、仮想通貨、NFT)
  • ブログ歴2年(Cocoon→SWELL)
  • X(Twitter)フォロワー数12,500人

この記事ではMetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズと秘密鍵(プライベートキー)の事について詳しく書いています。

この記事を読むとMetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズと秘密鍵(プライベートキー)の事がわかるようになります。

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask

シークレットリカバリーフレーズと秘密鍵(プライベートキー)の説明に入る前に、MetaMask(メタマスク)の説明をしていきます。

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨のウォレットである

MetaMask(メタマスク)とはETH(イーサリアム)ブロックチェーンに対応した仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨ウォレットとは、現実世界の財布のような役割と考えてください。

仮想通貨の送受信だけではなくETH(イーサリアム)ブロックチェーン上のNFTの保管もできる。

スマホのアプリと、パソコンのブラウザ、どちらからでも登録する事ができ、いつでもどこでも仮想通貨の送金や受信ができます。

月間アクティブユーザー数も3,000万人を超えており、Web3.0やNFTを触る方なら絶対に持っておかなければならないものです。

MetaMask(メタマスク)のメリット

以下にMetaMask(メタマスク)を使うメリットを書きます。

  • ETH(イーサリアム)やその他のトークンをウォレット内でまとめて管理する事ができる。
  • 今流行りのBCG(ブロックチェーンゲーム)で遊べる。
  • 手数料を自由に設定する事ができる。
  • トークンのスワップができる。

MetaMask(メタマスク)のデメリット

以下にMetaMask(メタマスク)を使うデメリットを書きます。

  • MetaMaskはETH(イーサリアム)系以外の仮想通貨との互換性がない。
  • 過去にハッキングされた事がある。
  • 対応しているブラウザが少ない。

MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)について

ここから今回のメインになる、シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)と秘密鍵(プライベートキー)について解説していきますので、しっかりと確認してください。

シークレットリカバリーフレーズとは

MetaMask(メタマスク)の仮想通貨アカウントを作成した際に自分で設定するパスワードの他に、自動で発行される「シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)」というものがあります。

シークレットリカバリーフレーズは、仮想通貨ウォレットの「秘密鍵」を管理するための12個の英単語からできた暗号データです。

ユーザーが「秘密鍵」を使って直接アプリを操作することはありませんが、秘密鍵を守るためにシークレットリカバリーフレーズが必要となります。

ログインパスワードはアプリにログインする際に必要となります。

シークレットリカバリーフレーズはアカウントを同期する際に必要になります。

例えばパソコン上のMetaMask(メタマスク)のアカウントを、スマホアプリと同期したい時に必要です。

スマホアプリから初めてログインする時は、シークレットリカバリーフレーズを使ってインポート機能を利用しログインをします。

このようにすると複数の端末からでもMetaMask(メタマスク)の管理ができるようになります。

もし、シークレットリカバリーフレーズが盗まれてしまうと、ウォレット内の仮想通貨やNFTが盗まれてしまうのでシークレットリカバリーフレーズの管理方法はとても大事です。

シークレットリカバリーフレーズの確認方法

アカウントの作成時に、シークレットリカバリーフレーズは表示されますが、再確認したい場合、忘れてしまった場合、メモを紛失してしまう場合もあります。

シークレットリカバリーフレーズの確認はできますが、前提としてMetaMask(メタマスク)のログインパスワードを覚えていることが条件となります。

スマホアプリの場合

スマホでMetaMask(メタマスク)を使う際はアプリをダウンロードしておきましょう。

まず、アプリを開き、左上の横3本線』をタップします。

MetaMask(メタマスク)

タップすると、アカウントの中身が表示されるので、その中にある「設定」をタップします。

MetaMask(メタマスク)

今度は設定の中に「セキュリティとプライバシー」があるのでタップします。

MetaMask(メタマスク)

そして「ウォレットを保護」といった画面が表示されます。

秘密のリカバリーフレーズを表示」という青字のところをタップすると、ログイン時のパスワード入力が求められます。

入力したらシークレットリカバリーフレーズが表示されます。

MetaMask(メタマスク)

シークレットリカバリーフレーズのおすすめの保管方法

シークレットリカバリーフレーズは、一度発行されると変更や再発行ができません。

一度、MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成すると、一生そのシークレットリカバリーを使う事になります。

そのため、シークレットリカバリーフレーズを忘れる、無くすという事は、仮想通貨ウォレットが凍結されるという事と同じ意味です(NFTや仮想通貨がウォレットに入っていても、使う事も取り出す事もできません)。

その為、絶対に無くしたり、盗まれてはならないので保管方法に注意しましょう。

シークレットリカバリーフレーズはオフラインで管理しよう

シークレットリカバリーフレーズをパソコン上、スマホのメモや写真にして保管してしまうとハッキングに遭った際に1発でMetaMask(メタマスク)内の仮想通貨やNFTを盗まれてしまいます。

私は詐欺被害に遭った事はありませんが、周りを見ると詐欺に遭い全資産を盗まれてしまったという事を何度も見ています。

その為次に書く事を徹底してください。

シークレットリカバリーフレーズは、

紙に書いて、誰にも絶対に見られない場所に保管

これを徹底してください。

何度も言いますが、オンライン上(パソコン内やスマホ内)に保管しておくと、盗まれてしまう可能性が高いです。

ただし、紙に書いて保管したとしても、災害や火事などで失う可能性もありますので、そこまで考えるのであれば、ハードウェアウォレットに保管するという方法もあります。

実際にNFT界隈で起こっている詐欺はこちらをご覧ください。

》NFT界隈で起きている詐欺について

MetaMaskの秘密鍵とシークレットリカバリーフレーズの違いについて

MetaMaskの、秘密鍵とシークレットリカバリーフレーズは、混同しがちですが簡単に説明すると、

秘密鍵
  • ウォレット内のアドレスの数だけ存在。
  • ウォレットにアカウントをインポートするのに使う。
シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)
  • メタマスクウォレットに一つだけ存在。
  • メタマスクのパスワードを忘れた時やPCを買い替えた時等にメタマスクを復元させるために使う。

秘密鍵(シークレットキー)とは

秘密鍵とは、MetaMask(メタマスク)の中に作成したアカウントごとに作られる、64文字の英数字で構成された暗号データを指します。

まず、ウォレットに紐づくパスワードと認識しておいてください。

秘密鍵の確認方法

【スマホアプリ】

MetaMask(メタマスク)のアプリを開き、左上の『三本線』を押します。

MetaMask 秘密鍵

設定』を押します。

MetaMask 秘密鍵

セキュリティとプライバシー』を押します。

MetaMask 秘密鍵

少しスクロールをして『秘密鍵』を表示を押します。

MetaMask 秘密鍵

パスワードを入力します。

MetaMask 秘密鍵

長押しして秘密鍵を表示』を押します。

MetaMask 秘密鍵

秘密鍵』が表示されました。

MetaMask-private-key

秘密鍵を使う際に気をつける事

これは、シークレットリカバリーフレーズの時と同じで、保管方法に注意してください。

オンライン上に保管してしまうと、ハッキングの危険性があるので、必ず紙に書いて保管するようにしましょう。

MetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズと秘密鍵のまとめ

今回は、MetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズと、秘密鍵について解説してきました。

シークレットリカバリーフレーズを万が一忘れてしまったとしても、ログインパスワードを覚えていたら確認する事ができます。

パソコンからスマホ等へログインする端末が変わる場合には、事前にシークレットリカバリーフレーズを準備しておきましょう。

知ってる方も、知らなかった方も、再度確認をして仮想通貨、NFTを楽しんでいきましょう。

MetaMaskの始め方はこちらををご覧ください。

MetaMask(メタマスク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

目次