\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

みんなの銀行口座開設方法|紹介コードで1,000円もらえる!大手銀行なので安心

みんなの銀行のアイキャッチ画像
悩んでる人

SNSでみんなの銀行に登録すると1,000円もらえるって見たんだけど本当ですか?

タダで1,000円もらえるのは怪しくないの?

もらえるならもらいたいので口座の作り方を教えてください。

今回は上記のようなお悩みを解決します。

みんなの銀行が怪しいって思われてる人が多数います。

ですが、みんなの銀行はふくおかフィナンシャルグループの100%子会社なので、怪しいということは全くありません。むしろ大手銀行の子会社なので信頼感抜群です。

様々なお得情報を発信している私が、みんなの銀行について紹介していきます。

この記事では、みんなの銀行の紹介、紹介コードを使って1,000円もらう方法を解説していきます。

この記事を読むことによって、最短でみんなの銀行の口座開設をして1,000円をもらうことができます。

お得情報は、後でやろうとすると忘れてしまったり、キャンペーン期間が終わってしまっていることがあるので、見たときにササっとやっておきましょう。10分程度で口座開設できますよ。

もうすでに内容を知っていて、紹介コードだけ欲しいという人のために、紹介コードを最初に貼っておきます。

紹介コード】:GIIURRNH

※この紹介コードがないと1,000円はもらえないので注意してください。

みんなの銀行で口座開設してみる

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

デジタルバンクとは|みんなの銀行は日本初のデジタルバンク

まず、みんなの銀行の解説に入る前にデジタルバンクについて解説していきます。

ネットバンクとデジタルバンクは何が違うの?と思いますよね。

楽天銀行などのネットバンクとはまた違った特徴がありますので、しっかりと確認してみてください。

みんなの銀行は、「国内初のデジタルバンク」です。

それでは、ネットバンクとデジタルバンクの違いについて解説していきます。

ネットバンク

ネットバンクは、実店舗のある銀行のサービスやシステムはそのままに、店舗や人員などのコストを減らした銀行である。

そのため、システム的に画期的なサービスを簡単には取り入れられない。

店舗を構えている銀行をそのままネットバンクにした感じと考えてください。

デジタルバンク(みんなの銀行)

デジタルバンクとは、今までのシステムを全てリセットして、ゼロからやりたいことを作っていくという考え方で設立された銀行です。

これにより、今まで銀行になかったサービスや考え方を取り入れることができ、時代に合わせた新機能をすばやく追加することができます。

スマホアプリがアップデートするように、新しい機能がスムーズにアップデートされるので、これからにの時代の新しい銀行になります。

今は始まったばかりで、最小限の機能でリリースされていますが、これからどんどん機能が追加されていくと思うので、楽しみにしてましょう。

これまでの銀行という形にとらわれない、全く新しい銀行ができると思うとワクワクしてきますね。

デジタルだからこそできる新しい使い方や戦略が出てくるかもしれません。

また、デジタルバンクのもう一つの特徴は、全てがスマホで完結できることです。

ネットバンクは、口座開設の際に書類のやりとりがある、現金を下ろすときはキャッシュカードが必要と、ネットだけで完結はできませんでした。

しかし、デジタルバンクは口座開設もスマホだけで10分、キャッシュカードも発行されません。

これらが、デジタルバンクとネットバンクとの大きな違いです。

デジタルバンクは、海外ではすでに盛り上がりを見せており、これから日本でもいろんな銀行がデジタルバンクに参入してくる可能性は高いと思っています。

日本にデジタルバンクの波が来る前に、今のうちから慣れておきましょう。

↑目次に戻る

みんなの銀行のサービス内容を紹介

みんなの銀行は怪しい?という声をよく聞きます。

確かに、今までのネットバンクのイメージとは違うので、怪しいと思う人もいます。

そこで、みんなの銀行の特徴やサービスについて紹介していきます。

どこが怪しいのかを探してみてください。

商号株式会社みんなの銀行
設立年月日2019年8月15日
資本金165億円(資本剰余金含む)
株主株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(100%子会社)
特徴デジタルバンク(国内初)すべての取引がスマホで完結
サービス内容①Wallet(普通預金)②Box(貯蓄預金)③Debit Card(デビットカード)④Record(お金の記録)⑤Cover(立て替え)※プレミアム
キャンペーンお友だち紹介プログラム・紹介する人 :1,000円・紹介される人:1,000円

みんなの銀行は、名前やデザインが今までの銀行とは違い、シンプルなので怪しいと感じる人も多いです。

しかし、地銀最大手のふくおかフィナンシャルグループ100%出資の子会社なので、とても信頼できるデジタルバンクです。

次にサービス内容について紹介していきます。

Wallet(普通預金)

これは、通常の銀行でいうところの普通預金にあたります。

一番メインとなる部分なので、ここのWalletにはいつでも使っていいお金を入れておきます。

キャッシュカードや現金を持ち歩くことなく、支払い・振込み・ATM入出金まで、いつでもどこでもスマホだけで利用することができます。

Box(貯蓄預金)

『みんなの銀行』には、Boxと呼ばれる目的別の箱を作ることができ、お金の整理を簡単にすることができます。

例えば、生活用や貯金用、旅行用やプレゼント用など、自分で好きにBoxを作れるので、口座を別に作ることなく、仕分けすることが可能です。

また、これらの仕分けも、長押しタップで色が変わったら、移動したいボックスにスライドすればお金が移動できるので、ホントに簡単です。

Debit Card(デビットカード)

みんなの銀行では、通常の銀行のように通帳やキャッシュカードは発行されません。

そのかわりに、スマホアプリ内にバーチャルのデビットカード(JCBブランド)が発行されます。

デビットカードとは

支払代金が口座から即時に引き落としされるカードのことです。

このデビットカードを、Apple PayやGoogle Payに登録しておけば、店舗でも簡単にタッチ決済が可能です。

また、デビットカードの番号を使って、オンラインストアも利用可能なのでとても便利ですね。

Record(お金の記録)

Recordは、自分が使ったお金を振り返る(お金の記録)サービスです。

みんなの銀行はマネーフォワードと提携しており、このRecord機能を使えば、みんなの銀行の口座だけでなく、他行の口座やクレジットカード、電子マネーの残高や明細を確認することができます。

家計簿アプリと異なり、細かな費目設定はできませんが、ハッシュタグやグラフを使うことで、簡単な収支管理ができます。

簡単な家計簿アプリが、みんなの銀行のアプリに入ってるのは嬉しいですね。

Cover(立て替え)※プレミアムサービスのみ

Coverは、残高不足のときに、最大5万円まで自動的に足りない分だけを立て替えてくれるサービスです。

しかもカードローンとは違い、利息がかからないのが特徴です。

この機能は、月額600円のプレミアムサービスに入っている人だけが利用できます。

このほかにも、プレミアムサービスに入ると、下のような機能が利用できます。

プレミアムサービス

  • 他行への振込手数料が月10回まで、ATM出金手数料が月15回まで無料
  • デビットカードご利用金額の1%がキャッシュバック
  • 連携中の金融機関データを好きなタイミングでよりタイムリーに更新

私は、今のところプレミアムサービスには入っていませんが、魅力的な新機能がアップデートされたら検討するつもりです。

↑目次に戻る

みんなの銀行お友だち紹介キャンペーンで1,000円もらおう!紹介コードあり

続いて、X(Twitter)で話題になっている、お友だち紹介プログラムで1,000円もらう方法について解説していきます。

今なら紹介コードを入れて口座開設をすれば、紹介する人、紹介される人、それぞれ1,000円がもらえます。

まずは自分で口座開設して(1,000円)、それをパートナーに紹介すれば(自分1,000円、パートナー1,000円)、合計3,000円もらうことができます。

このようなキャンペーンは、サービスを多くの人に広めたいときに最初だけ打ち出してくるので、お得な今のうちに口座開設をしておきましょう。

キャッシュレス決済が出てきたときのPayPayの大型キャッシュバックキャンペーンはすごかったですよね。

今はPayPayも当たり前のようにみんな使っていますし、このようにキャンペーンが打ち出されているうちに、口座開設をしておくのが良いです。

次に口座開設の方法を解説しますが、開設後に紹介コードを入れることはできませんので、最後の紹介コードを入力するタイミングを間違えないようにしてください。

紹介コード】:GIIURRNH

↑目次に戻る

みんなの銀行アプリで口座開設の方法

それでは、実際の口座開設の方法について解説していきます。

全部で10~15分あれば、口座開設できますので、今のうちにやっておきましょう。

注意

※以下に該当する方は開設できません

  • 個人の利用でない
  • 15歳未満である
  • 日本国外に居住している
  • 日本国籍を有してない
STEP

特に難しい内容はないので、すぐに終わります

STEP

運転免許証などの本人確認書類を準備しておいてください

STEP

オペレーターと会話をすることはなく、画面の指示に従って写真を撮るだけです

STEP

ここで【紹介コード:GIIURRNH 】を入れると、1,000円がもらえます

STEP1 アプリをダウンロード

ここで【紹介コード:GIIURRNH】を入れると、1,000円がもらえます。

まずはみんなの銀行のアプリをダウンロードします。

スマホで、下のURLからダウンロードしてください。

みんなの銀行アプリダウンロード

ダウンロードが終わったら、【新規口座開設】をクリックして、注意事項や同意事項などを確認して、先に進んでください。

STEP2 お客さま情報の入力

次に、お客様情報を入力していきます。

入力する情報は以下のとおりです。

  • 名前(漢字・フリガナ・ローマ字)
  • 生年月日
  • 性別
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス(ユーザーID)
  • 住所
  • 就業状況
  • 取引目的

特に難しいところはないと思いますので、入力したら、先に進みましょう。

STEP3 本人確認書類アップロード

ここで、以下の本人確認書類を用意してください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • マイナンバーカード(写真付)
  • 住民基本台帳(写真付)
  • *官房長官から発行された写真付き書類

本人確認書類の種類を選択し、アプリ内で起動するカメラのガイド枠に収まるように写真を撮っていきます。

書類の郵送の必要がないのは楽ですね。

1、2分でここも完了です。

STEP4 本人確認ビデオ認証

次に、ビデオ通話で本人確認を行います。

ビデオ通話と聞くと、オペレーターと話すことを想像しがちですが、実際はオペレーターと会話をすることはなく、画面の指示に従って写真を撮るだけです。

【STEP3】で使用した本人確認書類と自分を合わせて画面に収めていきます。

カメラにガイド枠が表示されるので、その通りに撮影していけばOKです。

ここまで終えると、一旦本人確認待ちの状態になります。

本人確認が終了すると、通知で教えてくれますので、このまま一旦アプリを閉じてしまっても大丈夫です。

本人確認は5~10分くらいで終わりました。

STEP5 ログイン設定(紹介コード入力)

本人確認が終了すると、ログイン設定に進みます。

まずは、以下の2つを入力します。

  • ログインパスワード
  • 秘密の質問

ここまで終えると、『口座開設の申込みを受け付けました』の画面が出てきますので、先ほど設定したログインIDとパスワードを使って、ログインしていきます。

案内にしたがって、SNSで認証コードを入力すれば、これで端末が設定されますので、もう一度ログインしていきます。

続いて、みんなの銀行の支店を選んで、ATMの暗証番号を設定します。

支店を選べるのは新しいですよね。

7種類の世界の名だたる橋の名前の支店から選べます。

ちなみに私は、キャンペーンをやっていたアンディー支店にしました。

そして、ここで【紹介コード】を入力する画面になります。

後から入力はできませんので、このタイミングで必ず入力してください。

紹介コード】:GIIURRNH

翌日には、1,000円が入金されるので、ぜひ使ってみてください。

また、自分が口座開設できたら、ぜひパートナーや友達にも紹介してみてくださいね。

みんなの銀行アプリダウンロード

↑目次に戻る

みんなの銀行のメリット・デメリット

みんなの銀行のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

みんなの銀行を使ってみたメリットですが、なんといっても直感的に使えるところが良いです。

普通のネットバンクだと堅苦しくて使いにくいのですが、みんなの銀行はスマホで操作するのにぴったりでとても使いやすいです。

デメリット

使ってみてのデメリットですが、今のところないです。

始まったばかりのサービスなので機能面はまだまだ足りないかもしれませんが、貯める、送金する、管理するなどの一通りの機能はあるので十分です。

みんなの銀行は怪しい?

みんなの銀行は2023年に始まったばかりのサービスなので、まだまだ怪しいのではないかとの声を聞きます。

ですが、みんなの銀行は地銀最大手のふくおかフィナンシャルグループ100%出資のデジタルバンクなので、怪しいどころか、これからの日本国内の最先端となります。

海外ではすでにデジタルバンクが普及してきているので、日本国内に普及する前にみんなの銀行の口座開設をしておきましょう。

みんなの銀行口座開設まとめ

この記事では、みんなの銀行の特徴と、口座開設の方法について詳しく解説しました。

これから、みんなの銀行のようなデジタルバンクが日本で普及していくので、今のうちに口座開設をして早めに使い慣れておきましょう。

また、今回のようなキャンペーンを利用して少しずつお金を増やしていくことが、資産運用の第一歩となります。

1,000円、2,000円を複数もらうことで、あっという間に10,000円以上となります。

ご家族やご友人みんなに紹介すると喜ばれますよ。

私も自分で登録をして、家族みんなに紹介することでみんなハッピーになってます。

これからもたくさんのお得情報を載せていきますので、確認をしてキャンペーンに参加してくださいね。

↑目次に戻る

みんなの銀行のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次