\ビットコインの半減期!仮想通貨デビューしよう/click

ブログテーマSWELLの特徴徹底解説!レビュー・メリットやデメリット【WordPressにはコレ】

有料ブログテーマ SWELL WordPress ワードプレス
悩んでる人

WordPressテーマの「SWELL」が気になります。

有名ブロガーのかたが使っているのですが、使いやすいんですか?

今Cocoonを使っていて、SWELLが気になるのですが、Cocoonから乗り換えたらどうですか?

SWELLの特徴なども教えてください。

今回は上記のようなお悩みを解決していきます。

ブログを始めた後にみんなが悩むことは、有料テーマを導入すべきかどうかということです。無料テーマcocoonだけで十分!と考えている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、初心者こそ有料テーマを「SWELL」を導入してブログを始めたほうがいいですよ

なぜなら、難しい知識も必要なく、ブログ運営やデザインができるからです。cocoonだとHTMLやCSSの知識が必要ですが、SWELLならボタン一つで終わりですからね。

この記事では、そのようなことを解説していきます。

この記事の内容
  • SWELL(スウェル)とは
  • SWELL(スウェル)の特徴
  • SWELL(スウェル)のメリット
  • SWELL(スウェル)のデメリット
  • まとめ:SWELL(スウェル)には早めに乗り換えるべき

記事の信頼性

  • NFT保有数200以上
  • NFTへの投資額7桁
  • 投資歴12年(株、FX、仮想通貨、NFT)
  • ブログ歴2年(Cocoon→SWELL)
  • X(Twitter)フォロワー数12,500人
PR

当ブログおすすめ有料テーマ『SWELL』

さまざまな有料テーマがありますが、SWELLは自信をもってオススメできるテーマです。

私もブログを始めてから、無料テーマのCocoonを使っていましたが、SWELLに変えてからはスムーズにブログを書くことができるようになりました。

まだSWELLを使ったことのない方はぜひ使ってみてください。

\ ワードプレスNo.1テーマ /

おすすめ国内暗号資産取引所

2024年はビットコインの半減期

4年に一度の大バブル相場がやってきます。

ビットコインは史上最高値1,000万円を超え、まだまだ上がり続けています。

このビッグウェーブに乗り遅れないように、仮想通貨取引所の開設を今のうちにしておきましょう。

CMで有名な『コインチェック』や『GMOコイン』『DMM Bitcoin』の他にも、優良暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあるので以下の記事をご覧ください。

\ このバブル相場に乗り遅れるな /

全て無料で口座開設できます

コインチェック

仮想通貨の購入には取引所の口座開設が必要になります!

各種手数料が無料で、コストを抑えながら仮想通貨を購入できるので、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

仮想通貨の購入には、日本国内最大級の取引所『コインチェック』がおすすめです。

\ 5年連続アプリダウンロード数No.1 /

※コインチェックの公式サイトに移動します

目次

SWELL(スウェル)とは

WordPressテーマ「SWELL」は、WordPress有料テーマの一つです。

数多くある有料テーマの中でもダントツでオシャレで人気です。

SWELLテーマは、使いやすさや高度なカスタマイズオプション、モバイルフレンドリーなデザインなどが特徴とされています。

この記事では、SWELLの特徴やメリット、デメリットを解説していきます、

今、有料テーマの購入に悩んでる方は、この記事を見る事によってSWELLの良さがわかります。

じっくりと見てみてくださいね。

SWELL(スウェル)の特徴5つ

これから、SWELL5つの大きな特徴について解説していきます。

カスタマイズ性

SWELLは、多彩なカスタマイズオプションを提供しています。

ユーザーはテーマを自分のブランドやスタイルに合わせて調整できます。

高速かつ軽量

ページの読み込み速度が速く、軽量なコードが使用されていることがSWELLの特徴です。

これは、ユーザーエクスペリエンス向上やSEO(検索エンジン最適化)に寄与します。

モバイルフレンドリー

SWELLはレスポンシブデザインに対応しており、異なるデバイスや画面サイズに適応します。

これは、モバイルユーザーにとって重要なポイントです。

SEO対応

検索エンジン最適化に配慮されており、SEOの基本的な機能や最新の標準に対応していることが期待されます。

柔軟なブログレイアウト

SWELLはブログに焦点を当てており、様々なブログレイアウトの選択肢やスタイルを提供しています

SWELLのメリット15選

SWELLは、機能が充実しているため、ブログ初心者の方でもプロ顔負けのWebサイトやブログを作成できます。

これから、SWELLのメリットを具体的に解説します。

ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応

SWELLはブロックエディター「Gutenbergは(グーテンベルグ)」に完全対応したテーマです。

ブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルグ)」とは、テキストや画像などのコンテンツを「ブロック」という単位で追加や移動、編集ができるエディターのこと。

SWELLのブロックエディターには以下の特徴があります。

  • 多数の独自ブロックがあり、簡単に思い通りの表現・リッチな表現ができる
  • 標準搭載のブロックも機能拡張されており、簡単にカスタムできる

ブロックの配置・設定・装飾が簡単で、直感的な操作によって作業効率の向上が期待できます。

操作が難しかったり、専門知識が必要だったりすると挫折する人もいますが、SWELLならとても簡単なので心配ありません。

SWELL専用の独自ブロックが豊富

SWELLの独自ブロックは、記事作成によく使う便利なオブジェクトが用意されているほか、執筆を効率的に進められるようにサポートしてくれるのが特徴です。

たとえば以下のような多様な独自ブロックが用意されています。

  • ふきだし:会話形式のコンテンツ作成ができる
  • Q&A:「よくある質問」の項目を簡単に作れる
  • ステップ:作業手順を説明する記事作成時に便利
  • ボタン:視認性の高いボタンリンクを設置できるのでアフィリエイト記事にも有効
  • 商品レビュー:商品の評価やメリット・デメリットを構造化データとして出力できる

執筆がスムーズにおこなえる

SWELLを使うと記事作成がスムーズになり、作業時間の短縮が可能です。

SWELLはブロックエディターがとても使いやすく作られており、記事が書きやすいように考え抜かれた設計になっています。

たとえば、各種の装飾機能が使いやすい位置にあり、使いたい機能を簡単に呼び出せます。

よく使う機能を中心に配置をカスタマイズすることができるため、使えば使うほど便利さを実感できるでしょう。

記事を書くのが面倒に感じて作業が止まりがちな人、記事を書く時間がなかなか作れないと悩んでいる人は多いと思いますが、SWELLは記事を書くのが楽しくなるくらい、スムーズな執筆が可能になっています。

簡単に美しいデザインのWebサイトを作れる

SWELLはデザイン性の高さにも定評があります。

上の写真はSWELLの公式サイトで公開されているデモサイトのデザインです。

デモサイトで紹介しているデザインテンプレートは、テーマ利用者が簡単に利用できるように「デザイン着せ替えファイル」としても配布されています。

シンプルなデザインや可愛らしいデザイン、シックなデザインなど種類も豊富にあるので、理想のデザインを見つけられるでしょう。

自分でWordPressのおしゃれなサイトを作ろうと思うと、デザイン面での知識やセンスはもちろん、HTMLやCSSも使いこなせなければいけません。

SWELLならこういった難しい知識を必要とせず、誰でも簡単におしゃれなデザインを実現できます。

かゆい所に手が届くカスタマイズ性

SWELLには豊富なカスタマイズ項目が存在しますが、どれもブログやアフィリエイトサイトを運営するうえで「これが欲しかった!」と思う便利なものばかり。

自分の好みや目的に合わせて、自由に見た目や機能を変更できます。

たとえばSWELLでは、見出しのデザインパターンが複数用意されており、管理画面から簡単に好みのデザインへの変更が可能です。

実際にカスタマイズをおこなうには、「テーマカスタマイザー」という機能を使用します。

テーマカスタマイザーはリアルタイムで設定のプレビューが見れるので、変更を確認しながらカスタマイズできるのが魅力です。

機能性が高く最小限のプラグインで済む

プラグインとは、WordPressの機能をいつでも後付けで拡張できる機能のこと。

WordPressサイトに機能を追加するにはプラグインがとても便利ですが、プラグインが増えれば増えるほど表示速度が悪化したりセキュリティのリスクが上がるなどのデメリットがあります。

SWELLはプラグインの数を最少限にできるよう設計されているため、過剰な導入を防ぐことができます。

また、SWELLの公式サイトでは、推奨プラグイン非推奨プラグインが以下のように紹介されています。

非推奨プラグインの導入は不具合が生じるリスクがあるので、SWELLを利用するうえでは避けるのが無難です。

実際にプラグインの導入を検討する際は、事前にSWELL公式サイトより「推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグインについて」のページを確認するとよいでしょう。

内部構造が最適化されている

SWELLは、内部SEO対策済みのWordPressテーマです。

SEOとは「Search Engine Optimization」 の略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。

つまり、自分のWebサイトをGoogleやYahoo!などの検索結果に上位表示させる施策で、アクセスや収益の増加に大きく影響します。

SEOプラグインも用意されている

SWELLでは、同じ開発元によるプラグインSEO SIMPLE PACK」の利用を推奨しています。

シンプルなSEO対策プラグインで、日本語対応の設定画面でページごとのmetaタグやogpタグを簡単に設定・カスタマイズすることが可能です。

SWELLそのものにはmetaタグを生成・出力する機能はなく、上記のようなプラグインを使って生成する仕様になっています。

metaタグとは、Webサイトやブログの情報を検索エンジンに伝えるための説明書きのようなもの。

具体的には記事タイトルやキーワード、記事の概要などがあり、Webページに関する情報を検索エンジンに伝えることで、SEOにポジティブな効果を期待できます。

ちなみに「SEO SIMPLE PACK」にはXMLサイトマップを作成する機能はありません。

XMLサイトマップが必要な場合は、「XML Sitemap & Google News」という別のプラグインを併用してください。

Webサイト表示速度を高速化できる

表示速度の高速化も、SWELLを利用する大きなメリットのひとつです。

SWELLはもともと表示速度の速いWordPressテーマですが、WordPress高速化の専門家「スキルシェア」氏との協力によりさらなる高速化を実現しています。

具体的には、以下の高速化機能を実装しています。

  • ページ間の遷移高速化する機能
  • CSSの読み込み設定
  • 画像や動画の遅延読み込み機能
  • フッターや記事下コンテンツなどの遅延読み込み機能
  • キャッシュ機能
  • 機能停止
  • jQueryの読み込み設定

このうち機能停止は、Webサイトの表示速度を直接的に高速化させるものではなく、不要な機能を停止することによって表示速度を速くする機能です。

どれも、初心者にはちょっと難しい内容ですが、簡単に説明するとおおむね以下の通りです。

  • 不要な情報を後から読み込むことで初速を上げる
  • 必要最小限の機能のみを稼働させる
  • 表示データを記憶しておき、次回閲覧時にすばやく表示させる

表示速度が遅いとユーザーにストレスを与えてしまうため、離脱の原因になってしまいます。

また、表示速度は検索順位に影響することをGoogleも公表しています。

ウィジェットが充実

SWELLには21個のウィジェットエリアが用意されています(2023年4月執筆時点)。

ウィジェットとは、Webページの上部または下部(フッター)、サイドバーなどの記事エリア以外に設置できるパーツのことです。

上記のウィジェットエリアに、任意のウィジェットを追加することでカスタムをおこなうことができます。

簡単にブログの見た目を変更したり、さまざまな機能を追加することができ、ユーザーの利便性を向上できます。

たとえば「人気記事ウィジェット」をサイドバーエリアに設置すれば、よく読まれている人気の記事を、ランキング形式でサイドバーに表示することができます。

「目次ウィジェット」を追尾サイドバーエリアに設置すれば、ページをスクロールしても目次がサイドバー内に固定されるため、ユーザーはいつでも自由に読みたい箇所に移動することができます。

買い切り型かつ複数サイトで利用可能

SWELLには21個のウィジェットエリアが用意されています。

ウィジェットとは、Webページの上部または下部(フッター)、サイドバーなどの記事エリア以外に設置できるパーツのことです。

上記のウィジェットエリアに、任意のウィジェットを追加することでカスタムをおこなうことができます。

簡単にブログの見た目を変更したり、さまざまな機能を追加することができ、ユーザーの利便性を向上できます。

たとえば「人気記事ウィジェット」をサイドバーエリアに設置すれば、よく読まれている人気の記事を、ランキング形式でサイドバーに表示することができます。

「目次ウィジェット」を追尾サイドバーエリアに設置すれば、ページをスクロールしても目次がサイドバー内に固定されるため、ユーザーはいつでも自由に読みたい箇所に移動することができます。

広告の設置・管理がしやすい

広告を設置・管理しやすいことも、SWELLを利用するメリットです。

ブログを収益化してアフィリエイト広告を設置する場合、記事を作成するたびにASPにアクセスし、広告コードをコピーしてブログに掲載するのでは手間がかかります。

SWELLの場合、広告タグブロックを使ってよく使う広告を作成しておけば、必要なときに広告を呼び出し、簡単に記事内に設置できます。

広告表示のタイプは以下の5種類が用意されています。

  • バナー型
  • アフィリエイト型
  • Amazon型
  • ランキング型
  • テキスト型

それぞれの広告設定は、ほぼマウス操作だけで完了する手軽さもうれしいポイントです。

広告タイプによってはクリック率の計測ができ、PDCAを回すために役立ちます。

買い切り型かつ複数サイトで利用可能

SWELLは買い切り型、つまり一度購入すれば追加の費用がかからず、ずっと使えます。

サブスクリプション型で継続課金が必要な有料テーマもありますが、SWELLは購入後に利用料を払い続ける心配はありません。

また、購入したテーマは1つのWebサイトだけでなく、複数のWebサイトに使うことが可能です。

ブログの運営を続けていくなかで、ジャンルやテーマが異なるブログを新たに立ち上げることもあるでしょう。

その都度WordPressテーマを購入するのはコストがかかりますが、SWELLなら一回きりの購入で済みます。

フォーラムから意見・質問ができる

SWELLの公式サイトには「フォーラム」というユーザー専用のコミュニティがあり、SWELLについての質問や要望を投稿できます。

SWELLの開発者やほかのユーザーが答えてくれるので、SWELLの使い方や機能に関する疑問や困りごとがあった場合も解決策が見つかりやすいです。

フォーラムでは、主に以下の3つのことができます。

  • SWELLの仕様・機能について質問する
  • SWELLの不具合・バグを報告する
  • SWELLに追加してほしい機能などを提案する

フォーラムでは多くのユーザーが参加して活発な交流がおこなわれているため、SWELLを使用する上で困ったことがあってもすぐに解消できるでしょう。

アップデートの頻度が高い

WordPressテーマを選ぶ際に重視すべきポイントの一つが、しっかりとアップデートがおこなわれていることです。

アップデートが行われないと、WordPress本体でアップデートがあった際にテーマ側でエラーが起きてしまったり、テーマ自体に問題があってもしばらく放置される可能性があり、動作やデザイン表示、セキュリティなどに問題が起きやすいといった懸念があります。

直近1年間におこなわれたSWELLのアップデート頻度を見ると、月1回~複数回のペースで更新されています(2023年3月執筆時点)。

SWELLのアップデートでは主に以下のことがおこなわれます。

  • バグや不具合の解消やセキュリティの強化
  • 新しい機能の追加や性能の向上
  • WordPress本体を最新版に対応する

また、フォーラムに寄せられた要望がアップデートの際に反映させることもあります。

他のテーマから乗り換えがしやすい

SWELLには、他のWordPressテーマから簡単に乗り換えができるように「乗り換えサポートプラグイン」が用意されています。

「SWELLを使いたいけど、テーマ乗り換えはエラーやレイアウト崩れを直すのが大変……」と不安に思う人も多いでしょう。

乗り換えサポートプラグインを使えば、デザイン崩れを最小限に防ぎ、修正が少なく済みます。

執筆時点では、以下のWordPressテーマからの乗り換えサポートプラグインが用意されています。

  • SANGO
  • JIN
  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • STORK
  • THE THOR

ただし、以前に使っていたテーマからデザインを読み込んで使用するため、実質は2つのテーマが共存する形になります。

動作が重くなる場合もあるので、すべての記事をリライトした後にプラグインを無効化することが推奨されています。

SWELLのデメリット

続いて、SWELLのデメリットについて解説きまさしす。

初心者にはややハードルが高い価格設定

SWELLの価格は税込1万7,600円となっており、やや高めの価格設定です。

初心者にはやや手が出しづらい価格ではあるものの、SWELLの数あるメリットを考えれば、決して高い買い物ではないでしょう。

利用者が多くデザインが被りやすい

SWELLは多くの著名ブロガーが利用しているということもあり、利用者が急激に増えている人気テーマです。

つまり、インターネット上ではSWELLで制作したブログを見る機会が多い、他のブログと被りやすいということになります。

とはいえ、カスタマイズの自由度も高いため、工夫によってオリジナリティのあるデザインに仕上げることができるでしょう。

まとめ:SWELL(スウェル)には早めに乗り換えるべき

今回はSWELLのレビュー記事を書いてきました。

私は、ブログを始めてしばらくはCocoonを使っていました。

有料テーマにしようと考えていた時期もありましたが、料金のハードルがあったので躊躇していました。

ただ、SWELLを入れてからは、デザイン面はSWELLに任せれば良いので、記事を書くことに集中できました。

その結果、SWELL代以上の収益も発生しましたし、もっと早く乗り換えてればなと思いました。

今、料金の事で悩んでる方は、本当に早めに乗り換えておいたほうが良いです。

どうせ後で変えるなら早めに!はブログにおいては大事ですよ。

記事が増えるにつれ、リライトしなといけない記事数も増えるし、デザインなどで悩む事がなくなります。

Cocoonも無料で素晴らしいテーマですが、HTMLやCSSの知識がないとなかなか難しいです。

調べれば色々出てきますし、コピペでいけますが、その時間を使って記事を書く方が有意義と思いました。

HTMLやCSSも勉強すれば面白いですが、記事を書いて収益を出した方がさらに面白いですよね。

いずれ使うのであれば、早めに乗り換えておきましょう。

》WordPressテーマ「SWELL」

\ 有名ブロガー御用達!No.1!WordPressテーマ /

ブログの始め方完全版はこちら

有料ブログテーマ SWELL WordPress ワードプレス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次